経営力向上計画の認定支援で
貴社の稼ぐ力をアップします!

認定を受けると 金融支援・税制優遇・補助金加点 のメリットあり

経営力向上計画とは?

平成28年7月より施行された「中小企業等経営強化法」に基づいて始まった、中小企業・小規模事業者などのための経営計画認定制度です。中小企業が、自社の課題を洗い出し、生産性を向上させるための諸施策の立案や設備投資を実現することで、企業の稼ぐ力を後押ししようとするものです。

業種ごとにまとめられた「事業分野別指針」(製造業、卸・小売業、サービス業、その他)を参照しながら、「経営力向上計画」を策定することで、担当省庁による認定が受けられます。

経営力向上計画の認定メリットは?

当計画の認定により、次のようなメリットが受けられます。
① 低金利融資や保証枠拡大などの金融支援
➁ 固定資産税低減などの税制優遇
➂ ものづくり補助金 や IT導入補助金での加点措置
平成29年11月末現在で、40,471社が認定を受けており、今度3年間の「経営のパスポート」と言えます。